読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X Sierra

 何の気なしにMacBookProのAppStoreのアプリの更新をポチポチ押していたらうっかりOSのアップデートをしてしまい、特に望んでないのにOSがSierraになってしまった。

 もともとEl Capitaneになった時から日本語入力に予測変換機能がついたことで死ぬほど鬱陶しかったのに、更に何故か頻繁にシャットダウンするようになって、もうMac使うのやめようかなと思ってたのが更に固い決意に変わった。PCをぶち壊しそうになったければ、SMCのリセットをしたら何とか耐えられるレベルにまで落ち着いた。でもまたHDDへの読み書きを中々やめない。ので腹がたつ。あとカナ変換が絶望的なまでの時間遅れが出てきて、本当に殺意が芽生える。

 次買い換えるときは少なくともMacはないな。

 まあiTunesに入れてた音楽が問題ではあるけど、最近はWindowsでもiTunes使えるしな。それとも何かのLinuxにしようかな。CentOSとかいいのかもしれない。

 別にね、PCでSiriなんて使えなくていいし、iCloudとの連携なんて電話でしてくれればいいんですよ。ただ単に使い勝手のいいUnix環境が欲しかっただけなので、勝手に予測変換したり、Siriを勝手に入れたり、勝手にAppStore入れたりするようなゴミOSは知りません。そんなのでかくて邪魔なだけのiPhoneとかiPadじゃないか。いつからAppleはこういうくだらんものを作るようになったんだろうか。さようならMac。と言いながらも先立つ物がないので次のPCを中々買えないので、このまましばらく行くんでしょうがね。