読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繁忙

 今日も帰ろうと思ってから色んな人に呼び止められて帰るのが遅くなった。昨日もそうだった。明日もそうなるのだろうか。

 いつか平日の夕食を家族揃って食べてみたいもんだ。

 もうすぐ祖父が亡くなった年になる。

 同じ頃にくも膜下出血で倒れたけれど、それが自分の中のある意味のメルクマールになるのだと思う。そこから先は祖父が経験しなかった人生を生きることになる。まあ僕は祖父ほど立派なことはしていないけれど。

 昔はその位の頃にはもう生きていなくてもいいと思ってたけど、子供がいると中々そうもいかず、子供のいる暮らしはある意味で徹底的に現実主義者になって、ロマンチストである余地を与えてくれない。これはこれで余計なことを考えないで済むのでいいのかもしれない。