読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と日本語

 子供はまだ言葉を覚えていない。最近言葉らしいものを発するようになったので、もしかしたらもう単語は少しは分ってるのかもしれない。

 最近、仕事では日本語と英語を半分半分で使っている。

 将来子供が大きくなったときに果たして日本のどれだけの人が日本語を使ってるのかとふと思う。もしかしたらそれなりの社会的なステージに居る人達は仕事では殆ど英語しか使わないのではないかとも思う。

 そう思ったときに果たしてこのまま子供を日本語を喋る日本人として育ててしまっていいのかと思う。英語を覚えていた方がどこでも職にありつけるようになるのかもしれない。

 そう思う一方で、自分が日本語を喋る日本人であり、更に、生まれた土地の方言はほぼ滅ぼうとしているのを思い起こして、本当にそれでいいのかとも思う。日本人で日本語で育って、今も日本語で暮らしているので、当然日本語は美しいと思うけれど、美しいのと、それをそのまま使って仕事をしていけるというのはまた別の話であり、また英語には英語の美しさがある。

 その上最近は英語で日常生活、日常会話をすることも特に何の苦もない。別にこのまま生涯日本語が通じない土地で英語を使って暮らしていくのも不可能ではない。

 だから、そういうときに子供をどうやって育てていくか、悩みが尽きない。