読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一列島線と東北工程

日本と台湾とフィリピンとベトナム

 中国というのは領土的野心を隠さない国でして、第一列島線と、第二列島線というの対米軍事戦略上制海権を握っておくべきという線を日本の島の一部を跨いで設定しています。そして第一列島線の中にはベトナムの島と台湾が丸っと収まっています。因に第二列島線にはフィリピンが丸ごとと太平洋側の日本の島が収まっています。

 別にここを中国の領土とするといってる訳ではないですが、こういうことを領土的野心を持たず外へ発信するとは思えないし、思わないでしょう。だから、我々としては中国は日本とフィリピンを併呑するつもりがあるかもしれないと思う訳です。そういうことで、中国関係で護衛艦とか巡視艇を大量発注する訳です。ゴチになります。

f:id:S-ili:20130826011152p:plain

北朝鮮と韓国

 一方で、第一列島線の中には北朝鮮と韓国が含まれています。

 更に東北工程というのを中国が出して、高句麗渤海は中国に属していたということをいっています。日本人としては、高句麗は朝鮮人、渤海満州地方の民族が統治していたと教わっていますが、さに非ずのようです。確かに地図を見ると今は中国の朝鮮族が住んでいるらしい所らしいので、中国のいい分にも一理あるようにも思えますが、それであれば高句麗の一部とか、渤海の一部というような穏当な表現があるようにも思えます。

 この言い方であれば中国は歴史から改竄して朝鮮半島に対して領土的野心を持っていると北朝鮮と韓国としては考えるのではないでしょうか。韓国はまだ間に北朝鮮があるからいいですが、北朝鮮としては直接国境を接しており、更に逆側には敵対的な韓国がある訳で、挟み撃ちにされる恐ろしさは半端ないと思います。

 もしかしたら北朝鮮の核開発は中国に向けてのものなんじゃないかと思えるくらいエグいことをします。北朝鮮としても当然国体を維持していかなければいけないので、なりふり構っていられません。

f:id:S-ili:20130826011733p:plain f:id:S-ili:20130826011746j:plain

 

 

ロシアとモンゴル

 ソ連崩壊後のロシアでは住民のシベリアへの固定ができなくなりつつあり、そこへ中国人が越境しつつあり、いずれシベリアが中国に乗っ取られてしまうのではないかと思われているらしいです。

 

東アジアの Hot War

 我々が一番危惧するのは、このように領土的野心をむき出しにする中国に対して領土を乗っ取られないで、更に、hot warに巻き込まれないことではないでしょうか。最悪、hot warが起こったとしても、自分達戦争に巻き込まれず、傍観者で居て、その戦争で中国がダメージを受けて、足腰立たなくなることです。

 では誰がその鉄砲玉になるか。

 日本人としては、今のような物も金もある便利な生活が失われるのが嫌だし、戦争になると前の戦争の思い出が残っているので、まず難しいでしょう。個人的にも日本の国際が爆下げになって、税金が上がりそうなので嫌です。能力的にはあるようにも見えます。

 ではその他の台湾、北朝鮮、韓国、フィリピン、ベトナムはどうでしょうか。

 まず、韓国は中国とは直接国境を接していないので関係ないです。更に北朝鮮の一部が中国になった所で、彼らはそもそも北朝鮮と統一なんてする気がないでしょうから、この件については無関係です。

 台湾はアモイのあたりから毎日毎日、金門島までミサイルをぶっ放されていたことがあって、これもある意味hot warな訳ですが、中国に致命的な一発をぶちかますことはあるのでしょうか。まだ中国と台湾の軍事バランスは海軍力では台湾に一日の長があるようにいわれています。

 フィリピンはまた米軍をスービックへ誘致しようとしているらしいので、そもそもその能力はないでしょう。ベトナムはちょっと分りませんが、もしかしたら中越戦争の再来があるかもしれません。

 北朝鮮はもしかするともしかして核兵器だかミサイルを使って一発あるかもしれません。もともと捨てるものがないし。

 こういうことで、何かあるとしたら、日本、ベトナム、北朝鮮と中国の間で何かあるかもしれません。どうか日本でありませんように。