読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここ最近の話

昔話

 学生の頃付き合いかけてた女性が結婚してたりする。かれこれ3度目くらい。

 なんの感慨もないといえばそんなことはないけれど、数日経てば忘れる程度ではある。何で付き合わなかったんだっけって思い出したときに、別に付き合う理由がなかったからだと思い出す。

 女と付き合うのに理由がいるのかといわれると、妻とは特に理由もなく付き合い始めたので、必要はないのだけれど、付き合う理由が決定的になくて、どう考えても彼女達と付き合う自分が想像できなかったからかもしれない。

 向こうが私のことをどう思ってたかはよくわからないけれど、悪くは思ってなかったのかもしれない。ただ、いずれにしろ、彼女達にとって私の第一印象はとても良くないものだったのではないかと思う。それでも付き合いそうになったのはどういう理由なのか。悪い印象から、悪くない印象に変わっていくにあたって何があったのか。知らないし、余り興味もない。

 私は彼女達と付き合う理由が決定的に欠如していると思ってたのに、どうしてそういう雰囲気になったのか。なんでそう思ってしまったのか。いや、他に付き合う相手いるだろうって思ってたけど、そういう訳ではなかったということなのかもしれない。でも何で。

 どこでそういう勘違いが生まれるのか。お互いにとって勘違いな訳で、向こうはいい感じだと思ってるけど、こちらは全然ないって思ってる訳で、どうしてそうなったと。確かに付き合ってると勘違いする奴も居たにはいたけど、組み合わせとして有り得ないだろうと、そういう所にみんな目が行かなかったんだろうか。と、ずっと思ってたし、今も思ってる。

 結局は彼女達のうちの誰かと付き合って、結婚したかというと、それはまずないだろうし、よしんば結婚したとしても長続きするかはよくわからない。なぜ妻と結婚したかというと、こいつとなら大丈夫そうだと思ったからな訳だけど、彼女達にはついぞそういう風な印象は受けなかった。失礼だけれど。友達としてはいいと思う。

 一方で、結婚なんて誰としても同じとも思う訳で、別に妻と結婚しない今も有り得た訳で、でも何で妻でない女性と結婚しなかったというと、勘というしかない。または自分で納得するために、そういう後知恵を自分につけているのかもしれない。