個人的なこと

ほのかに残っていたCoccoの記憶と新しい感情

Coccoの焼け野が原がリリースされたのはもう十数年は経ってると思う。 その頃は大学生をしていて、この曲がそれまでの曲とかとも合わせて話題になっていたと思う。確か浜崎あゆみがCoccoが好きとかで、少し聞いた記憶があったり、友達が車の中で聴いてたりし…

一族の繋がりと現代の超克

人生のある時期メンタルの病にかかっていて、何を思ったかキリスト教のプロテスタントの教会に通っていた。結局はキリスト教の洗礼は受けなかった。キリスト教の教会なのに社会運動とか、平和活動に熱心な人が多くて辟易したこととか、神の救いがあるとかい…

個人的な少し昔のことなど

昔、くるりのばらの花をよく聞いていた。 我々の世代の中でも私のようなもやもやしたうだつの上がらない大学生にとってはある種のバイブルのようなものであった。安心な僕らは旅に出ようぜとか、ジンジャーエール買って飲んでみたこんな味だったけかとか、踏…

俺とたばこのこと

禁煙して随分経つけど、たまに無性にたばこを吸いたくなる。 お酒を飲んだときであったり、ストレス発散のためだったりする。 そういうときもあれば、漫画を読んでてたばこを吸うシーンを見ると、ああ美味しそうだなあなんて思う。最近では、「恋は雨上がり…

なりたかった自分と何者でもない自分

最近こういう文章を見て思うところがあった。切り抜き方が書いた人の本意ではないかもしれないけど。割と気に入ってる文章である。 職業人は、社会に出てから二度死ぬのだと。 一度目は、何ものでもない自分というものを受け入れる過程で。 そして、二度目は…